東証主体別売買動向:5月第3週、外国人・現物は336億円と2週ぶり買い越し

 東京証券取引所が26日に発表した5月第3週(5月16~20日)の投資部門別売買動向は、現物の海外投資家が336億5240万円と2週ぶりの買い越しとなった。前週は3534億3456万円の売り越しだった。

 

 先物ベース(日経225とTOPIXの先物・mini合計)では外国人は2390億円の売り越し。現物・先物の合計では2054億円と2週連続の売り越し。前週は7514億円の売り越しだった。現物での個人投資家は389億4839万円と2週ぶりの売り越し。信託銀行は566億7590万円と4週連続の買い越しとなった。事業法人は2056億214万円と7週連続で買い越した。

 この週の日経平均株価は終値ベースで311円(1.2%)上昇している。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る