【↓】日経平均 大引け| 3日続落、ハイテク株が売られ一時2万8000円割れ (7月16日)

日経平均株価

始値  28039.26

高値  28201.30(14:12)

安値  27847.35(09:07)

大引け 28003.08(前日比 -276.01 、 -0.98% )

売買高  9億3558万株 (東証1部概算)

売買代金 2兆1550億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は276円安と3日続落、2万8000円巡る攻防に

 2.前日のNYダウは続伸もナスダック指数は下落と高安まちまち

 3.東京市場は一時400円超の下落も後場に入り下げ幅を縮小

 4.新型コロナウイルス感染拡大が続き、買い手控え状態が続く

 5.東エレクやレーザーテク、スクリンなどハイテク株は軟調推移

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比53ドル高と続伸した。ハイテク株は軟調だったものの、ハネウェル・インターナショナル(HON)やユナイテッドヘルス・グループ(UNH)などが上昇し指数を押し上げた。

 東京市場では、日経平均株価は3日続落。ハイテク株などが軟調で引けにかけ2万8000円ラインを巡る攻防となった。

 前日の米株式市場では、NYダウが上昇したが、ナスダック指数は下落と高安まちまち。この流れを受けた、この日の東京市場ではハイテク株を中心に売りが流入し前場は一時400円を超す下落となった。しかし、後場に入ると下値には値頃感からの買いが流入し、下げ渋る展開となり、一時70円超安まで値を戻した。しかし、引けにかけ再び売り直され2万8000円をぎりぎり維持して取引を終えた。東京都を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることも懸念され、積極的な買いは手控えられた。

 個別銘柄では、ファーストリテイリング<9983>やエーザイ<4523>、ソフトバンクグループ<9984>といった値がさ株が安い。レーザーテック<6920>や東京エレクトロン<8035>、SUMCO<3436>、それにソニーグループ<6758>や富士通<6702>といった半導体関連株を中心とするハイテク株が軟調。富士フイルムホールディングス<4901>やJR東海<9022>、Zホールディングス<4689>が値を下げた。

 半面、トヨタ自動車<7203>や日立製作所<6501>が高く、ベイカレント・コンサルティング<6532>やベイシス<4068>が買われた。日本郵船<9101>や日本製鉄<5401>、コマツ<6301>が堅調。三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>が値を上げ、イーレックス<9517>やマネーフォワード<3994>が上昇した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は豊田通商 <8015> 、セコム <9735> 、スズキ <7269> 、トヨタ <7203> 、住友鉱 <5713> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約9円。

 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、エーザイ <4523> 、東エレク <8035> 、アドテスト <6857> 、SBG <9984> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約178円。

 東証33業種のうち上昇は12業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)鉄鋼、(3)非鉄金属、(4)証券商品先物、(5)ガラス土石製品。一方、下落率の上位5業種は(1)医薬品、(2)精密機器、(3)鉱業、(4)陸運業、(5)その他製品。

■個別材料株

△ヨシムラHD <2884>

 第1四半期営業利益13%増。

△ビザスク <4490> [東証M]

 知見プラットフォーム好調で第1四半期営業利益15.8倍。

△三機サービス <6044>

 22年5月期は営業55.8%増益見通し。

△ベクトル <6058>

 国内PR・広告事業好調で第1四半期営業利益は大幅黒字転換。

△ベイカレント <6532>

 プロジェクト受注順調で3~5月期営業67.2%増益。

△エヌリンクス <6578> [東証2]

 第1四半期営業損益黒字転換で通期予想を上回る。

△シキノHT <6614> [JQ]

 東証が信用取引に関する臨時措置を解除。

△きずなHD <7086> [東証M]

 出店効果などで22年5月期営業益予想36%増。

△ジェイリース <7187>

 新規申し込み順調で22年3月期業績予想を上方修正。

△幸和製 <7807> [JQ]

 歩行車好調で第1四半期営業利益は4.6倍。

▼エーザイ <4523>

 「米の複数の病院で『アデュカヌマブ』の投与見送り」との報道。

▼ファストリ <9983>

 第3四半期国内苦戦で21年8月期業績予想を下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ジェイリース <7187> 、(2)ベクトル <6058> 、(3)サーバワクス <4434> 、(4)北の達人 <2930> 、(5)ヨシムラHD <2884> 、(6)三機サービス <6044> 、(7)T-BASE <3415> 、(8)ERIHD <6083> 、(9)ベイカレント <6532> 、(10)エイトレッド <3969> 。

 値下がり率上位10傑は(1)エーザイ <4523> 、(2)テラスカイ <3915> 、(3)リョービ <5851> 、(4)三益半導 <8155> 、(5)RPA <6572> 、(6)ユーグレナ <2931> 、(7)日立造 <7004> 、(8)スプリックス <7030> 、(9)日本光電 <6849> 、(10)三谷セキ <5273> 。

【大引け】

 日経平均は前日比276.01円(0.98%)安の2万8003.08円。TOPIXは前日比7.42(0.38%)安の1932.19。出来高は概算で9億3558万株。東証1部の値上がり銘柄数は1008、値下がり銘柄数は1058となった。日経ジャスダック平均は3991.38円(10.16円高)。

[2021年7月16日]

株探ニュース

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る