話題株ピックアップ【夕刊】(2):東エレク、安川電、ZHD

■東京エレクトロン <8035>  23,160円  +415 円 (+1.8%)  本日終値

 東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>など半導体製造装置関連株が買われた。前週末の米国株市場ではNYダウやハイテク株比率の高いナスダック総合指数いずれも過去最高値を更新、そのなか半導体関連株への買い意欲は旺盛でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も最高値を更新した。これを受けて東京市場でも同関連株に水準訂正期待の投資マネーを引き寄せる形となった。

■アカツキ <3932>  6,060円  +80 円 (+1.3%)  本日終値

 アカツキ<3932>が4日ぶりに反発。前週末15日の取引終了後、スマートフォン向けゲームアプリで、欅坂46・日向坂46応援【公式】音楽アプリ「UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)」が、同日付で250万ダウンロード(DL)を突破したと発表しており、これが好感された。「UNI’S ON AIR」は、「サイレントマジョリティー」「期待していない自分」「二人セゾン」「ガラスを割れ!」をはじめ、欅坂46・日向坂46の人気楽曲をライブ映像で多数収録しているのが特徴。ライブの興奮や圧倒的なパフォーマンスをリズムゲームで体験しつつ、欅坂46・日向坂46のプロデューサーとなり、彼女たちが登ってゆく坂道をプロデュースするという内容となっている。

■安川電機 <6506>  4,220円  +55 円 (+1.3%)  本日終値

 安川電機<6506>、SMC<6273>などFA関連の一角が強い動き。米中摩擦問題への警戒感から前週は売り物に押されがちだったが、きょうは買い戻しが優勢。米中協議については、クドロー米国家経済会議委員長が「合意が近づいている」とコメントしたことや、ロス商務長官が米中両国が詳細を詰める段階にあることに言及したとも伝わり、米国株は最高値圏を走る展開となった。米国株市場では、キャタピラーやボーイングなど中国向け売上比率の高い主力株に買いが流入し、この流れが東京市場にも波及した。

■Zホールディングス <4689>  422円  +5 円 (+1.2%)  本日終値

 Zホールディングス<4689>とLINE<3938>が高い。両社はこの日の取引開始前に、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表。20年10月に統合完了を目指す。ZHDが存続会社となりLINE承継会社を完全子会社とする。LINE承継会社の1株にZHDの株式11.75株を割り当てる。両社はきょう会見を予定している。この発表を受け、ZHDの株価は朝方、買い物を集め一時前週末に比べ5%高に買われたが、買い一巡後は上昇幅を縮小させた。LINEは、前週末に比べ2%高前後で推移している。

■フューチャー <4722>  1,864円  +18 円 (+1.0%)  本日終値

 フューチャー<4722>が続伸。この日、SGシステム(京都市南区)向けに、オリジナルAI教育プログラムを提供したと発表しており、これが好感された。フューチャーでは、18年4月に人工知能(AI)教育・認定オリジナルプログラム「Future AI Certification」の提供をスタートしたが、今回SGシステム向けに提供したのは、「Future AI Certification」をベースとした入門講座(営業職や事務職も含む全社員を対象)と、AIエンジニアを目指す社員を対象とした初級講座だという。

■創通 <3711>  3,120円  +25 円 (+0.8%)  本日終値

 創通<3711>が高い。米ブルームバーグ通信がこの日、バンダイナムコホールディングス<7832>が同社に対して実施中のTOBについて、米アクティビストファンドのRMBキャピタルが「一般株主の不利益を解消するため、現行価格よりも5割弱高い価格でのTOBを新たに実施することを提案した」と報じられており、TOB価格引き上げへの思惑が働いたようだ。バンナムHDは10月9日、創通株を1株3100円でTOBを実施すると発表したが、記事では、一般株主に対しては1株4600円以上を買い取り価格とする新たなTOBを実施するよう提案したという。なお、買付期間は11月25日までとなっている。

■アルヒ <7198>  2,531円  +15 円 (+0.6%)  本日終値

 アルヒ<7198>は4日続伸。15日の取引終了後、「フラット35(保証型)」の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット6」の取り扱いを開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。「ARUHIスーパーフラット6」は、住宅の建築費または購入価額の40%以上を手持金(頭金)として用意する購入者を対象に、従来ARUHIが取り扱う「フラット35(保証型)」の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット7」より更に低い金利での融資が可能となる、最長35年間の全期間固定金利の住宅ローン。同社では、16年10月に「ARUHIフラット35」より低金利の商品として、「ARUHIスーパーフラット」の取り扱いを開始したが、取り扱い開始以降もラインアップを拡充しており、今回の新商品も業績への貢献が期待されている。

■MTG <7806>  891円  -28 円 (-3.1%)  本日終値

 MTG<7806>が3日続落。前週末15日の取引終了後、11月14日に予定していた19年9月期の決算発表を延期すると発表しており、これが嫌気された。会計監査人に対して、韓国の取引先の在庫状況に関する通報があり、社内調査と決算確定までに一定の時間を要することが要因としている。

■エイベックス <7860>  1,304円  -39 円 (-2.9%)  本日終値

 エイベックス<7860>が反落。傘下のエイベックス・マネジメント(東京都港区)所属で女優の沢尻エリカ容疑者が16日、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことを受けて、業績への影響を懸念した売りが出ているようだ。なお、エイベックス・マネジメントでは沢尻容疑者の今後の処遇に関して、「捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処する」とコメントしている。

株探ニュース

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る