日経平均は続伸、香港株高で安心感

*16:20JST 日経平均は続伸、香港株高で安心感

日経平均は続伸。15日の米国市場でNYダウは222ドル高と反発し、初めて28000ドルを上回った。政府高官が相次いで米中貿易協議の進展を示唆し、10月小売売上高の予想上振れも好感された。しかし、週明けの東京市場では利益確定の売りも出て、日経平均は小幅高からスタートすると、朝方にはマイナスへ転じる場面があった。前場中ごろからは香港株の上昇などが安心感につながって強含み、一時23420.62円(前週末比117.30円高)まで上昇。後場に入り伸び悩む場面もあったが、この日の高値圏で取引を終えた。

大引けの日経平均は前週末比113.44円高の23416.76円となった。東証1部の売買高は12億2347万株、売買代金は1兆9051億円だった。売買代金は3週間ぶりの2兆円割れ。業種別では、医薬品、その他製品、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、繊維製品、石油・石炭製品、水産・農林業が下落昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の51%、対して値下がり銘柄は45%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>、武田薬<4502>、ソニー<6758>、東エレク<8035>などが堅調。経営統合で基本合意したZHD<4689>とLINE<3938>も揃って上昇した。スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の1000万ダウンロード突破でコロプラ<3668>は5%超の上昇。業績下方修正のヤーマン<6630>は悪材料出尽くし感から買い優勢となった。また、業績上方修正と増配を発表した日本アクア<1429>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ZOZO<3092>が3%安で3日続落。三菱UFJ<8306>や資生堂<4911>は小安い。公募増資実施を発表したチャームケア<6062>は急落し、LIXILビバ<3564>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。

《HK》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る