外為サマリー:105円30銭前後で推移、日経平均株価の下落で伸び悩む

 24日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=105円31銭前後と前日午後5時時点に比べ30銭強のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=122円78銭前後と同3銭程度のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は、午前10時50分過ぎに105円47銭をつけたが、その後は高値圏で一進一退。ただ、午後2時以降は伸び悩み下値を探る展開。午後3時にかけ105円30銭近辺に下落した。日経平均株価が一時300円近く下落したほか、中国・上海総合指数や香港・ハンセン指数などアジアの主要株価指数が軟調に推移していることが警戒されている。市場では、今晩の米株式市場の動向が注目されている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1658ドル前後と同0.0030ドル強のユーロ安・ドル高で推移している。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る