ジーンテクノがMabGenesisと共同研究契約を締結

 ジーンテクノサイエンス<4584.T>がこの日の取引終了後、バイオベンチャーのMabGenesis(東京都中央区)と、がん細胞殺傷効果を有する抗体の取得及び特許出願を目的に共同研究契約を締結したと発表した。

 MabGenesisは、宮崎大学の森下和広教授と藤田医科大学の黒澤仁講師が保有する抗体単離技術を用いモノクローナル抗体取得を目指すバイオベンチャー。ジーンテクノはこの技術に着目し、がん細胞表面に発現する特異的な抗原に対して特異的にかつ強固に結合するモノクローナル抗体の取得を行い、希少がんや難治性がんに対する新しい作用機序を持つがん治療薬の開発を共同で進めるとしている。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る