日経平均20日大引け=3日続伸、42円高の2万4083円

 20日の日経平均株価は前週末比42.25円(0.18%)高の2万4083.51円と3日続伸し取引を終了した。東証1部の値上がり銘柄数は1477、値下がりは579、変わらずは103と、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を大幅に上回った。

 日経平均プラス寄与度トップはKDDI <9433>で、日経平均を13.18円押し上げ。次いでダイキン <6367>が11.35円、TDK <6762>が10.09円、ファナック <6954>が5.76円、東エレク <8035>が5.58円と続いた。

 マイナス寄与度は37.1円の押し下げでファストリ <9983>がトップ。以下、ファミマ <8028>が10.52円、オリンパス <7733>が5.69円、アステラス <4503>が5.31円、リクルート <6098>が3.35円と並んだ。

 業種別では33業種中30業種が上昇し、下落は食料、小売、水産・農林の3業種にとどまった。値上がり率1位は建設で、以下、電気・ガス、機械、非鉄金属、ガラス・土石、卸売と続いた。

株探ニュース

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る