プレサンスが続伸、国内有力証券は目標株価を引き上げ

 プレサンスコーポレーション<3254.T>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は4日、同社株の投資判断「バイ」を継続するとともに、目標株価を2750円から2900円に引き上げた。同社はワンルームやファミリー向けマンションなどの企画開発や販売を行っており、足もとの仕入れ・販売はともに順調で中期的に増益が続くと予想している。また、20年3月期から本格的に取り組んでいる不動産テックの不動産投資情報サービス「プレサンス・ブライ」の19年9月末会員数が3218人と順調なことも評価している。同証券では、20年3月期の連結営業利益は会社予想とほぼ同水準の326億円(前期比20%増)と2ケタ増益が見込め、さらに21年3月期の同利益は365億円、22年3月期は400億円と連続増益を予想している。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る