LINEとZHDは急反落、いったん利益確定売りが優勢に◇

 LINE<3938.T>とZホールディングス<4689.T>は急反落。両社を巡る経営統合報道を受け、14日にLINEはストップ高カイ気配、Zホールディングス<4689.T>は約17%の上昇と株価は急騰した。両社は14日に「協議を行っていることは事実」とコメントを発表した。ただ、この日は利益確定売りが優勢となり、一転して値を下げる展開となっている。特に、LINEは朝方続伸し一時5400円まで上昇し18年1月の5450円の最高値に接近したが、買い一巡後は下げ基調に転じた。ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEの経営統合が実現すれば、「互いの強みを生かせるだけに、組み合わせとしては悪くない」(アナリスト)との見方もあるだけに、市場は経営統合に向けた具体的な発表を待つ状態となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る