東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は4日ぶり反発、レアジョブが一時S高

 15日前引けの東証マザーズ指数は前日比1.19ポイント高の852.75ポイントと4日ぶり反発。値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は146となった。

 個別ではレアジョブ<6096>が一時ストップ高と値を飛ばした。ピーバンドットコム<3559>、ACCESS<4813>、エンバイオ・ホールディングス<6092>など4銘柄は年初来高値を更新。アドベンチャー<6030>、インパクトホールディングス<6067>、オークファン<3674>、メルカリ<4385>、バンク・オブ・イノベーション<4393>は値上がり率上位に買われた。

 一方、ナレッジスイート<3999>、キャリア<6198>、エスユーエス<6554>、MTG<7806>が一時ストップ安と急落した。農業総合研究所<3541>、クラウドワークス<3900>、ウォンテッドリー<3991>、ビープラッツ<4381>、スマレジ<4431>など18銘柄は年初来安値を更新。フェニックスバイオ<6190>、リファインバース<6531>、ピアラ<7044>、アルー<7043>、ブランディングテクノロジー<7067>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る