木村化は買われる、コスト管理徹底で20年3月期業績予想を上方修正

 木村化工機<6378.T>は買われている。14日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、営業利益を9億7000万円から13億6000万円(前期比38.4%減)へ、純利益を6億7000万円から9億3000万円(同38.6%減)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は従来予想の213億円(同1.0%減)の従来見通しを据え置いたものの、コスト管理を徹底したことによる原価率の改善が利益押し上げに寄与するという。なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高96億200万円(前年同期比2.1%増)、営業利益7億3200万円(同21.9%減)、純利益4億9700万円(同23.5%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

出所:株式会社エムサーフ


一覧に戻る