前日に動いた銘柄 part1 富士通ゼネラル、富士通フロンテック、サインポストなど

*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 富士通ゼネラル、富士通フロンテック、サインポストなど

銘柄名<コード>4日終値⇒前日比

富士通ゼネラル<6755> 2213 +145

富士通グループ再編への思惑が向かう。

富士通フロンテック<6945> 1411 +300

一部雑誌が「富士通が親子上場解消を検討」と伝え思惑が向かう。

新光電工<6967> 1259 +177

富士通グループ再編への思惑で。

FDK<6955> 930 +98

富士通グループ再編への思惑買い。

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート<3850> 4450 +220

上場再編期待の思惑がNTTデータ<9613>子会社の同社にも。

任天堂<7974> 43830 -560

テンセントが「スイッチ」最新情報を発表で材料出尽くし感も。

サインポスト<3996> 2247 +400

合弁会社が無人AI決済店舗をオープンへ。

ニッカトー<5367> 841 +83

微小な窒化ケイ素ボールを開発と一部報じられる。

プロトコーポレーション<4298> 1169 +120

子会社社長などが不起訴処分で安心感も。

ラクーンホールディングス<3031> 787 +74

アマゾンファッションへの卸販売を本格スタートへ。

内田洋行<8057> 6730 +490

決算発表後は上値追いの動きが継続へ。

トーセイ<8923> 1450 +117

業績上方修正や配当金引き上げを好感。

GSIクレオス<8101> 1207 +90

凸版印刷と生分解性プラスチックのレジ袋を開発と。

ファルテック<7215> 1247 +6

スピード調整一巡感による押し目買いの動きも。

システナ<2317> 1848 +68

立会外取引で自社株買いを実施。

曙ブレーキ工業<7238> 255 +4

自動ブレーキ関連の一角としても関心が続く。

日本エスコン<8892> 1007 +31

業績上方修正を見直しの動きにも。

木村化工機<6378> 648 -75

3日の急騰の反動で利食い売り優勢。

パイプドHD<3919> 1839 -31

目立った材料観測されないが25日線割れなどで処分売り圧力強まるか。

ファーストリテイリング<9983> 63700 -3500

11月既存店売上高は3カ月連続でのマイナス成長。

CKD<6407> 1796 -42

半導体関連株の下落につれ安の面も。

KHネオケム<4189> 2363 -153

みずほ証券では投資判断を格下げしている。

三桜工<6584> 1262 -60

もみ合い下放れで手仕舞い売りが優勢にも。

川崎汽船<9107> 1826 -86

高値圏の銘柄の一角には売り圧力強まる。

《FA》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る