30日の日本国債市場概況:債券先物は148円61銭で終了

*17:15JST 30日の日本国債市場概況:債券先物は148円61銭で終了

<円債市場>

長期国債先物2022年9月限

寄付148円71銭 高値148円74銭 安値148円57銭 引け148円61銭

売買高総計10493枚

2年 438回 -0.060%

5年 152回  0.015%

10年 366回  0.225%

20年 180回  0.885%

債券先物9月限は、148円71銭で取引を開始。前日NY市場での米長期金利低下を受けて買いが先行し、148円74銭まで上げた。その後、日銀の7-9月期国債買入方針の発表を控え、米長期金利がやや上昇するなかで売りが優勢になり、148円57銭まで下げた。現物債の取引では、2年債、5年債、20年債が買われ、10年債はもみ合った。

<米国債概況>

2年債は2.98%、10年債は3.05%、30年債は3.19%近辺で推移。

債券利回りは低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は1.42%、英国債は2.34%、オーストラリア10年債は3.65%、NZ10年債は3.84%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]

・18:00 ユーロ圏・5月失業率(予想:6.8%、4月:6.8%)

・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:22.9万件、前回:22.9万件)

・21:30 米・5月個人所得(前月比予想:+0.5%、4月:+0.4%)

・21:30 米・5月個人消費支出(PCE)(前月比予想:+0.4%、4月:+0.9%)

・21:30 米・5月コアPCE価格指数(前年比予想:+4.8%、4月:+4.9%)

・22:45 米・6月シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.0、5月:60.3)

・OPECプラス閣僚級会合

《KK》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る