14日の日本国債市場概況:債券先物は153円12銭で終了

*18:59JST 14日の日本国債市場概況:債券先物は153円12銭で終了

<円債市場>

長期国債先物2019年12月限

寄付152円90銭 高値153円22銭 安値152円88銭 引け153円12銭

売買高総計30812枚

2年 406回 -0.200%

5年 141回 -0.195%

10年 356回 -0.075%

20年 170回  0.290%

債券先物12月限は、152円90銭で取引を開始。米中貿易協議への期待後退から前日の米国長期金利が低下したことや、財務省が本日実施した5年債入札が順調だったことから買いが優勢になり、152円88銭から153円22銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>

2年債は1.61%、10年債は1.84%、30年債は2.32%近辺で推移。

債券利回りは低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.33%、英国債は0.73%、オーストラリア10年債は1.17%、NZ10年債は1.40%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]

・19:00 ユーロ圏・7-9月期GDP改定値(前年比予想:+1.1%、速報値:+1.1%)

・19:30 クオールズ米FRB副議長あいさつ(録画ビデオ、保険関連会合)

・22:30 米・10月生産者物価指数(前月比予想:+0.3%、9月:-0.3%)

・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:21.5万件、前回:21.1万件)

・23:00 クラリダ米FRB副議長講演

・23:10 エバンス米シカゴ連銀総裁講演(フィンテック関連)

・24:00 パウエル米FRB議長が下院予算委員会で証言(経済について)

・01:45 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁開会あいさつ(アジア経済政策会議)

・02:00 ウィリアムズNY連銀総裁講演(アジア経済政策会議)

・02:20 ブラード米セントルイス連銀総裁が昼食会出席(米国経済と金融政策)

・03:00 カプラン米ダラス連銀総裁講演(地域フォーラム)

《KK》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る