11月のくりっく365、南アフリカランド・円は、下げ渋りか

*10:13JST 11月のくりっく365、南アフリカランド・円は、下げ渋りか

東京金融取引所(金融取)が手掛ける取引所為替証拠金取引「くりっく365」では、10月の取引数量は前月比21.9%増の204万4859枚、1日の平均取引数量は8万8909枚と前月比で増加した。月末時点の証拠金預託額は4713億円と前月比で約2億円増加した。取引通貨量では、英ポンド、トルコリラ、米ドル、南アフリカランド、メキシコペソの順となっている。一方、取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」では、10月の取引数量は前月比26.3%増の81万6155枚、1日の平均取引数量は3万5516枚と前月比で増加した。月末時点の証拠金預託額は763億円と前月比で約44億円増加した。

取引数量トップは英ポンド・円の44万4639枚(前月比2.17倍)であった。EUと英国は離脱協定案の合意に向けて協議を加速するとの見方が広がり、ポンドの買い戻しが広がった。10月17日のEU首脳会議において離脱条件の修正案が承認されたものの、英議会で修正案の採決はえられず、結局来年1月末まで離脱期限が再延期されることになり、ポンド買いは縮小した。トルコリラ・円の取引数量は35万2547枚(前月比27.8%増)であった。トルコは10月9日、シリア北東部のクルド人民兵組織への軍事作戦を開始し、米国がトルコに対して厳しい経済制裁を課す可能性が警戒され、米ドル買い・リラ売りが活発となり、この影響で対円レートは下落した。その後、トルコのエルドアン大統領がクルド人への攻撃を一時停止することで合意し米国は対トルコ制裁の解除を発表したことから、リラ売りは縮小した。また、24日にトルコ中央銀行が政策金利の市場予想を上回る250bp利下げを決定したが、制裁解除の安心感からかリラ売りは拡大しなかった。

11月の南アフリカランド・円は、下げ渋りか。米中貿易協議の行方が注視されるなか進展期待は根強く、ランドの下支えとなりそうだ。ただ、製造業関連など経済指標が低調な内容となっており、11月22日に格付けを発表予定の格付け会社S&Pではさらなる格下げも示唆している。格付け会社ムーディーズの今後の格下げ懸念を一段と強めさせランドが反落する可能性は残されている。また、米中首脳は12月にも会談し貿易協議の部分合意に署名するとみられ、双方の歩み寄りを歓迎したドル買い・円売りは続きそうだ。ただ、決裂の不安は残り、目先も協議の行方を見極める展開になり、ドル・円は伸び悩むだろう。米国は10月29-30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通り25bpの利下げを行い、保険的な利下げ継続の打ち切りを示唆しているが、米中交渉決裂により連邦準備制度理事会(FRB)が再び金融緩和政策を講じる見通しが広がると、ドルを下押しする場合もあるだろう。

《CN》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る