東京為替:ドル・円は下値に警戒、米長期金利の水準切り下げで

*14:06JST 東京為替:ドル・円は下値に警戒、米長期金利の水準切り下げで

 26日午後の東京市場でドル・円は105円30銭付近でのもみ合いが続く。米10年債利回りは2016年以来3年ぶりの低水準に低下しており、ドル買いは後退。また、日経平均株価は20000円の大台を維持するものの、中国株や欧米株式先物の軟調地合いで株安を嫌気した円買いに振れやすく、ドル・円は下値警戒が強い。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円46銭から105円80銭、ユーロ・円は116円57銭から117円78銭、ユーロ・ドルは1.1132ドルから1.1164ドルで推移した。

《FA》

出所:株式会社フィスコ


一覧に戻る